だしは山形県の郷土料理の一つです

だしは想い出の料理です。山形県出身の方、もしくは山形県に住んでいる方ならこの味はまさに夏の味と言えるはずです。郷土料理の一つで、暑い時期に細かく野菜を切り、味付けしただけの料理です。冷たい料理で暑い夏にはぴったりの料理です。各家庭で違う為にレシピにこれだというのはありませんが、山形県の家庭料理の一つ考えても良いです。我が家のだしにはキュウリ、シソ、ナス、大葉、オクラが入っており麺つゆで味付けして最後に白ごまをかけて混ぜ合わせます。食べ方としては、ご飯に乗せて食べたり、そばつゆに入れて食べたりと色々ですが、結構なんにでも合うので脂っぽい料理の時は一緒に食べるととても美味しいです。例えば牛丼に更にこのだしを乗せても美味しいですし、ステーキに乗せて食べても美味しいです。今は山形県に住んでいませんので中々食べる機会がありませんが、帰った時特に夏には食べる様にしています。

昆布だしは万能だと考えてます

我が家で主流になっている出汁は昆布だしです。元は妻が家族の健康の為にと購入した物で、これが意外と美味しい料理に変化するという事で健康の為と言うよりは美味しい料理の為にこの昆布だしを使用する事になりました。まず何と言っても色々な料理に使えるという所が素晴らしい所です。煮物、みそ汁、焼き料理等色々使えます。炊き込みご飯の時にも入れるのと入れないのでは全く味が変わるので本当に色々と使える出汁です。最近では昆布関係の酢も手に入れ、名目は健康の為にという事ですが単に美味しい料理を食べる為に昆布製品を買っています。またこの昆布を使う事で若干ですが、とろみが出るというのも美味しさの秘密だと感じています。フコイダンという成分らしいですが、旨味成分も含まれているらしいです。健康でいられるのも、美味しい料理を食べられるのもこの昆布だしのおかげです。

うどんはだしが決め手

料理が好きなのでだしはしっかりとる様にします。うどんを作る事が多いので、昆布と鰹節を使ってしっかりとる様にしています。それだけではあまり美味しくないので、濃い口醤油とオイスターソース少量を使うのがうちのやり方です。関西は出汁をしっかりとるのが基本なので外で食べるうどんはおいしいです。多くの人がそれを食べて育ってきましたので、味が染み付いていると感じました。いつも脚を運ぶうどん屋の味は中々再現出来ませんが、自分なりの味が出せたらいいと考えています。とろろ昆布を足したり、昆布茶を足したら味に深みが出る事が分かりました。昆布のだしも市販されているので少しプラスしたらいい味になりました。それぞれが自分の味を探して作る様にします。うどんは冷凍がお気に入りです。朝からそれを食べる習慣がありますので自分で作っています。